カーライフお役立ち情報

コスモ車検

本社

2021.02.17

確定申告で車検費用は経費にできる?仕訳はどうする?

確定申告のとき、車検費用は…?



車検にかかる費用は、確定申告で経費にできるのでしょうか。また、確定申告の際、車検費用の仕訳はどのように行うのでしょうか。

車検費用、確定申告で経費にできる?

■確定申告とは?
私たちが納める「所得税」は、年間の所得額に応じて算出されます。確定申告(所得税の確定申告)とは、1年間の所得額とそこから算出される所得税の額を国に申告するというものです。確定申告を行う時期は、2月中旬から3月中旬ごろ。私自身も、数年前から毎年確定申告を行っています。

会社員の方にとっては、確定申告はあまり馴染みがないものかもしれません。というのも、一般的に、会社員の場合は会社で「年末調整」を行い、所得額や納める所得税額の計算を行っているためです。これに対し、自営業や個人事業主などは会社員のような「年末調整」がありません。そのため、自分で確定申告をする必要があります。

なお、会社員の方でも、給与額が2000万円を超える場合や、副業などで20万円を超える所得がある場合などは確定申告を行わなくてはなりません。他にも、ふるさと納税をした場合や医療費が10万円(または所得金額の5%)を超える場合などは確定申告すれば控除を受けられるというメリットもあります。

■車検費用って経費になるの?
所得税などを算出する元となる「所得」とは、「収入」から「経費」を差し引いたもののことをいいます。つまり、経費が増えるとその分所得が減少し、所得税が少なくなるということです。では、車検費用など車に関する費用は経費にできるのでしょうか。

経費とは、事業をする上で必要な費用のこと。ということは、事業で車を使用している場合は、ガソリン代や自動車保険の保険料、車検費用など、車に関する費用を経費にすることができるということです。
なお、確定申告の際に車に関する費用を経費にできるのは自営業や個人事業主の方のみです。会社員の場合は、たとえ通勤に車を使用しているとしてもガソリン代や車検費用などを経費にすることはできないので注意してください。

■確定申告で車検費用を経費にする際の注意点
車検費用を経費にする際には注意点があります。それは、「経費に計上できるのは事業で使用している分だけ」ということです。もし、対象となる車を事業でしか使用していないのであれば、車にかかる費用はすべて経費にできます。ですが、その車を事業でもプライベートでも使用しているという場合は、事業での使用割合に応じた金額しか経費にはできません。例えば、仕事で60%、プライベートで40%使用している車の車検に12万円の費用がかかった場合、経費にできるのは7.2万円(12万円×60%)ということになります。これは、車検費用だけでなくガソリン代や自動車税、自動車保険の保険料でも同じです。車に関する費用を経費にする場合は、かかった費用に事業での使用割合を掛けた金額を計上するようにしましょう。

仕訳するときは、車検費用の明細をチェックしよう

■仕訳って何?
確定申告で提出する書類の一つに「決算書」があります。この決算書を作成する際に、「仕訳」を行わなくてはなりません。では、仕訳とは何なのでしょうか。

仕訳とは、事業での取引を「勘定科目」に分類して帳簿に記録することです。「勘定科目」とは、お金の出入りの理由のことをいいます。例えば、出張の際にかかった電車代は「交通費」、取引先への贈答品や接待にかかった費用は「交際費」の勘定科目に分類します。

■車検費用は、項目ごとに分けて仕訳を行う
車に関する費用の勘定科目についても見ていきましょう。ガソリン代や駐車場代など、車にかかる費用の多くは「車両費」に分類するのが一般的のようです。ちなみに、青色申告決算書の経費の科目欄に「車両費」はありませんので、空欄を利用して「車両費」の欄をつくりましょう。

では、車検費用はどのように仕訳を行うのでしょうか。ガソリン代などと同様に、「車両費」に分類して良いのでしょうか。調べてみたところ、車検費用にはさまざまな費用が含まれているため、項目ごとに分類する必要があるということがわかりました。車検費用に含まれるものには、次のような項目があります。
・自動車重量税
・自賠責保険料
・印紙代
・車検基本料
・整備費用
このうち、自動車重量税と印紙代は「租税公課」、自賠責保険料は「保険料(損害保険料)」に分類します。それ以外の車検基本料や整備費用などは「車両費」または「修繕費」に分類すると良いとのことでした。車検費用を経費にするときは、ぜひこのように仕訳を行ってみてください。

まとめ

事業で使用している車であれば、車検費用やガソリン代など、車にかかる費用を確定申告で経費として計上できます。仕訳の際、車検費用はひとまとめにするのではなく、項目ごとに分類するのが◎車検費用の明細書をチェックしながら、「租税公課」「保険料」「車両費」といった適切な項目に分類しましょう。

車検は安心でリーズナブルなコスモがおすすめ。お問い合せは、こちらからどうぞ。  

筆者プロフィール

imarina

ライター。1987年生まれ。広島大学教育学部卒業後、教育現場で勤務しながらフリーライターとして旅行、暮らしなどに関する執筆を手がける。
趣味は旅行とアウトドア。現在の愛車は、トヨタ・パッソ。

ご予約・お問い合わせはお近くの店舗へ

店舗検索
このページの先頭へ