カーライフお役立ち情報

カーコーティング

本社

2020.09.28

車のコーティングは必要?種類別の効果をプロが解説!

車のコーティングの必要性と種類別効果



車のコーティングをディーラーや専門店から勧められたけど、本当に必要なのかや種類が多くてどれを選べば良いかわからない、という方もいるはずです。今回は、コーティングの必要性と種類別効果について解説します。

車のコーティングが必要なわけ「共通する4つの効果」とは

車の塗装面は常に雨・黄砂・花粉・紫外線など、汚れと劣化の原因となる様々な原因にさらされています。そして、塗装面に何らかのケミカルで保護膜を形成し、車を長期間キレイに保つことがコーティングの目的です。使用するケミカルによって効果は異なりますが、全てに共通して以下で示す4つのメリットが期待されます。

■メリット1 洗車作業が楽になる

使用ケミカルの種類によって厚さや硬度は異なりますが、コーティングを施工するとボディに被膜が形成されるため、その上に乗った汚れを落とす作業が非常に楽になります。テフロン加工されたフライパンのように、水洗いだけで汚れを落としきることができるため、強い液剤やゴシゴシ洗いなどで塗装を痛める心配も少なくなります。

■メリット2 車に頑固な汚れが付きづらくなる

素人目にはまっ平らに見える車の塗装面ですが、長年の使用で細かい傷があちこちにあります。そこへ汚れが入り込んで固着し、洗車をしても簡単には除去できなくなります。コーティング剤は塗装面に被膜を作りつつ傷を埋める役割も果たすため、汚れの侵入による固着を防ぐ効果を期待できます。また、細かい傷なら目立たなくなるのもメリットです。

■メリット3 カラーの色あせを防ぐ

車の塗装面は長年強い紫外線にさらされ続けるため、どうしても劣化し色あせが発生することがあります。太陽光に含まれる紫外線が塗装の分子構造を破壊するからですが、屋根付きガレージで管理していても照り返しによってダメージが加わるため注意が必要です。コーティングはいわば「日焼け止め」のようなもの、被膜が紫外線からのダメージを軽減してくれるため、色あせを防ぎ発色の良さをキープする効果を期待できます。

■メリット4 細かい傷が付きにくい&目立たなくなる
車の塗装面は案外デリケートで荒っぽい洗車はもちろん、乾いたタオルで軽くこすっただけで細かいスリ傷が入ってしまいます。コーティングは柔らかい塗装面の上に被膜を形成するため、洗車傷などの付着を防いでくれると同時に、前述した傷埋め効果により既存の細かい傷を目立たなくする作用も期待できます。

自分の車はどのコーティングが最適?種類別効果を知っておこう!

前述したとおり、車のコーティングには施工後のお手入れを楽にするメリットがありますが、かけたコストの割に効果を実感できないという方もおられるでしょう。実は、コーティングといっても使用ケミカルと施工方法よって大きく4つに分類され、それぞれ効果や持続時間も異なります。

■油脂系コーティング

巷では「カーワックス」と呼ばれる油脂系コーティングは、カー用品店やホームセンターに行けば安価に購入できる上、手間を惜しまなければDIYも可能です。塗装面の上に油膜を形成するため光沢に優れ、撥水作用から水アカの付着を防ぐ効果を期待できます。ただし、熱に弱いため1~2週間と持続時間が短く、時間が経過すると油膜に汚れが固着してしまうのが欠点です。どちらかといえばお手入れに時間を割ける方や、ブラックやレッドなど濃いカラーリングの車に乗っている方、ギラギラした輝きを求める方向けのコーティングです。

■ポリマーコーティング

フッ素やシリコンなど、樹脂系ケミカルの集合体をボディに塗布し、より強固な皮膜を形成するのがポリマーコーティングです。ギラギラした光沢は出ませんが上品な艶を与え、撥水や汚れを防ぐ効果も「2~3ヵ月」と、油脂製より持続性に優れるのが特徴。コーティング専門店では5,000~1万円程度で提供していますが、市販されている商品でのDIYも比較的容易です。とはいえ、被膜が薄いため油脂性ほどではないにしろ、定期的な再施工が必要となります。

■ガラス系コーティング

ガラス系コーティングは、ポリマーにガラス繊維をミックスした、いわゆる「ハイブリッド型コーティング」です。熱・乾燥・雪に強いなど耐久性に優れ、自然な光沢と輝きが出るほか「半年~1年」と持続時間が長いのが利点。現在、主流となりつつあるコーティングですが、プロショップでの施工価格は1.5万円~3万円と、車体の大きさなどで幅が大きく割高。市販商品を購入してのDIYも可能ですが、ごく微量のガラス繊維しか含有していないケミカルを使っていても、「ガラス系」と呼ばれることもあるため、商品選びに注意が必要です。

■ ガラスコーティング
100%ガラス成分でできたケミカルによるコーティングで、現在普及している一般的な商品の中で最も硬度・耐久性に富み、ほこり・黄砂・雨・雪などによる汚れや傷はもちろん、紫外線でのくすみも大幅に長期間防いでくれます。ただし、3~5年効果が持続し施工相場は5~10万円と非常に高額で、専門機材・ケミカルと熟練した技術が必要なためDIYは難しく、プロショップでの施工が必要です。

まとめ

コーティングで輝きを増し、景色に映える愛車でのお出かけは一段と楽しいもの。車の状態・種類・用途はもちろん、付き合い方とマッチしたコーティングを選び、より豊かなカーライフをお過ごしください。

カーコーティングに関するご相談は、こちらからどうぞ。  

筆者プロフィール

仲野健太

1976年生まれ、福岡県出身。地元ガソリンスタンドで副店長を務めていた際、3級整備士取得。同社指定工場で上長をサポートしつつ整備技術を高め、2級整備士を目指していたものの、会社がガソリンスタンド事業から撤退したため退職。その後つてを頼って中古車販売店に就職。その後縁があり再びガソリンスタンド会社に就職し、その時ふとしたことからライターの仕事と出会う。フリーライター歴は約5年。本格的な整備はもちろん、買取業者比較やメンテナンス、おすすめカー用品紹介やカーローン解説など、多岐にわたる関連記事を手掛けている。ユーザー目線のわかりやすさや、実体験に基づくオリジナリティの高さに定評がある。

ご予約・お問い合わせはお近くの店舗へ

店舗検索
このページの先頭へ