カーライフお役立ち情報

キズ・へこみ直し

本社

2020.08.27

歪んだフレームは修理!車が安全に走れなくなります

事故で車のフレームが歪んだ!どうしよう…



事故で車のフレームが歪んだら、どのような危険性があるのでしょうか。また、修理にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

フレームが歪んだ車は危険!

■車のフレームとは?
車のフレームとは、車の骨組みの部分のこと。車には、エンジンやハンドル、ブレーキ、タイヤ、ドアなど、さまざまなパーツがありますが、それらのパーツが取りつけられる土台となっているのがフレームなのです。

調べてみると、車のフレームには「ラダーフレーム構造」と「モノコック構造」の2種類があることがわかりました。ラダーフレーム構造とは、車の前後をつなぐ「縦のフレーム」と、左右をつなぐ「横のフレーム」からなる、はしごのような構造をしたものだそう。その周りにボディなどほかのパーツが取りつけられて車がつくられています。これに対し、モノコック構造は、車のボディとフレームが一体化したもののことをいいます。生き物に例えると、人間や犬などのように体の内側に骨格があるのが「ラダーフレーム構造」、カニやカブトムシのように体の外側が骨格になっているのが「モノコック構造」というイメージです。

■車のフレームの歪みは、見た目ではわかりづらいことも!
車をどこかにぶつけたとき、バンパーやドアなどの傷やへこみは見てすぐわかります。でも、フレームの歪みは素人が見てもなかなかわからないことも。一見、無傷のようでも、業者に見てもらうと「フレームが歪んでいた」なんてこともあるそうです。たしかに、人間のケガも、擦り傷や切り傷などは見ただけでわかりますが、骨折しているのは外見からはわかりづらいものです。事故を起こしてしまったり車をどこかにぶつけたりしたときは、フレームが歪んでいないか業者に見てもらったほうが良いでしょう。

■車のフレームが歪むとどうなるの?
フレームは、車の土台となるとても重要な部分。では、そんなフレームが歪むと、どのようなことが起こるのでしょうか。

通常、ハンドル操作をしなければ車はまっすぐに進むようにつくられています。ところが、フレームが歪んでいると、まっすぐ走ることができなくなるのだそう。特に、高速道路などスピードを出して走っているときは、この歪みの影響も大きくなって大変危険です。このほかにも、フレームが歪むと、ドアがきちんと閉まらなくなったり、タイヤの摩耗が偏ったりするなどの不具合が生じることがあります。また、フレームの歪んだ車は、車検にも通りません。フレームが歪んでしまったときはすぐに修理するようにしましょう。

車のフレームを修理するときに知っておくべきこと

■フレームの修理にはどれくらい費用がかかる?
車の修理費って高額なことが多いですよね。特にフレームは、車の中でも特に重要な骨組みの部分。修理にはかなりのお金がかかることが予想されます。では、フレームの修理費の相場はどれくらいでしょうか。

調べてみたところ、予想通りフレームの修理費は高く、小さな歪みでも10万円ほど、歪みがひどい場合はなんと100万円以上になることもあるとのことでした。歪んだフレームを直すには大掛かりな修理が必要ですし、パーツの着脱や交換など手間もかかるので、修理費が高額になるのは仕方ないのかもしれませんね。

このようにお金のかかるフレーム修理ですが、自動車保険に加入していれば、修理費を保険で賄うことができる場合もあります。まずは加入している保険会社に連絡し、補償内容を確認してみてください。

■修理しても完全に直らないこともある
フレームの歪みは、ちょっとしたボディの擦り傷補修などとは異なり、素人には絶対に修理できるものではありません。修理業者に依頼して直してもらいましょう。ただし、フレームの損傷具合によっては、プロの業者でさえ修理が難しく、完全に直すことができなかったり、修理できたとしても費用がかなり高額になったりすることも。そのような場合は、修理でなく車の買い替えを検討したほうが良いかもしれません。

■フレームを修理した車は「修復歴あり」となる
車を買取に出すとき、査定額を決める要因の一つに「修復歴の有無」があります。修復歴とは、その名の通り、車を修復した経歴のこと。ただし、車を修理に出せば必ず「修復歴あり」となるわけではありません。例えば、車の塗装の剥がれやバンパーの交換などを行ったとしても、「修復歴あり」にはならないそう。「修復歴あり」とは、車のフレームを修理した車のことをいうのです。

修復歴のある車は、そうでない車に比べて中古車買取のときの査定額が低くなるといわれています。それほどフレームは車にとって大切な部分ということなのですね。ドライブするときは、事故などで車のフレームが歪むことのないように、安全運転を心がけたいですね。

まとめ

フレームは車の中でも特に重要な部分。もし歪んでしまうと、まっすぐに走行することができなくなって危険です。フレームが歪んだときは、すぐに修理をするなど適切な対処を行いましょう。

車のフレーム修理に関するご相談は、こちらからどうぞ。  

筆者プロフィール

imarina

ライター。1987年生まれ。広島大学教育学部卒業後、教育現場で勤務しながらフリーライターとして旅行、暮らしなどに関する執筆を手がける。
趣味は旅行とアウトドア。現在の愛車は、トヨタ・パッソ。

ご予約・お問い合わせはお近くの店舗へ

店舗検索
このページの先頭へ